北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

北海道の滝を紹介するサイトです。管理人seabirdが自らの足で赴き自らの目で確認した北海道の滝見の記録を中心に滝めぐりに役立つ情報を発信します

*

八垂別の滝 (札幌市)

   

八垂別(はったりべつ)はアイヌ語の「ハッタル・ペツ(渕の川)」からきています。今の川沿地区の古い名称で当初は「発垂別」の字が当てられていたそうです。

八垂別の滝(札幌市南区)

八垂別の滝(札幌市南区) 2006年5月6日撮影

滝というよりも渓流といった感じです。2005年5月の訪問時には季節柄水量が多く、豪快な飛沫をあげて流れていました。

八垂別の滝 概要

読み はったりべつのたき
別名 あれば
場所 札幌市南区中ノ沢
川名 中の沢川支流左中の沢川
落差 5m
1m
形状 渓流瀑
地形図 石山 札幌
難易度 ★☆☆☆☆
特記 あれば

八垂別の滝までのアプローチ

ルート (R=国道 r=道道) 駐車場 徒歩 特記

札幌市内国道230号線または国道453号線から道道82号西野真駒内清田線に入り盤渓方面に進みます。

定鉄バス停「北ノ沢会館前」で左折。ちょうど1km走ると右手に「八垂別の滝0.5km 砥石山頂5.1km」の案内看板があるのでこれを右折。

後半のダートはかなり悪路ですがゆっくり走れば問題はないでしょう。突き当たりが広い駐車スペースとなっていてこの先が砥石山登山道になります。

右折分岐の八垂別の滝看板

右折分岐の八垂別の滝看板

つきあたりの駐車スペース

つきあたりの駐車スペース


2006年に書いた八垂別の滝の記録から抜粋

登山道を歩き始めると、すぐに滝が見えてくる。なんともあっけない。その姿は名前のとおり「はったり」。小さな渓流瀑。滝と呼ぶにはちょっとな・・・。

ま、今日は滝見よりも、登山道を歩き、冬の間になまった体のリハビリと、調子の悪かった腰の具合を確認するのがメインの目的である。それでもここに来た証ということで、写真だけは何枚か撮っておくことにする。

砥石山登山道から見下ろす

砥石山登山道から見下ろす

滝の下の倒木

滝の下には倒木がたくさん転がっていた

一昨年の台風の影響がまだ残っているのか?流れの下の方に倒木が散乱していて、景観をそこねている。ちょっと残念。でも、この滝を見るだけのためにここに来る人はいないであろうし、整備されないのもしょうがないことかもしれない。

八垂別の滝を下から撮影

下から撮影するが倒木がじゃま

豪快なしぶき

季節柄か水の勢いは激しかった

過去記事はすべて2006年5月6日(土)の記録

八垂別の滝 動画

coming soon


最後に

2015年の秋、ほぼ10年ぶりに訪問してみました。紅葉が見ごろでとても見ごたえのある景色でした。

落ち葉に囲まれた八垂別の滝

落ち葉に囲まれた八垂別の滝 2015年10月20日撮影

訪問日
2006年05月06日(土)



さいごまでご覧いただきありがとうございました・・・m(__)m

     - 後志の滝 , , ,