北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

北海道の滝を紹介するサイトです。管理人seabirdが自らの足で赴き自らの目で確認した北海道の滝見の記録を中心に滝めぐりに役立つ情報を発信します

*

フタップの滝 (新冠町)

   

遊歩道からは俯瞰で二筋の流れを、下からは沢の流れを含めた景観を。上から見ても下から見てもそれぞれ趣のある姿を見せてくれ印象深い滝見でした。情報が少なかった割にアプローチは思ったほど難しくはなかったです。

下から見るフタップの滝全景

下から見るフタップの滝全景

道路地図でみつけたこの滝ですがネットで調べてもほとんど情報がありませんでした(2006年当時)。岩清水渓谷近辺の地形図の中に「スタップ沢」という地名を見つけたのでとりあえずこの沢を目指すことにしました。

地形図に滝マークは打たれていません。

フタップの滝 概要

読み ふたっぷのたき
場所 新冠町岩清水
川名 新冠川支流スタップ沢
落差 25m
5m
形状 直瀑
地形図 岩清水
難易度 ★★☆☆☆

フタップの滝までのアプローチ

ルート (R=国道 r=道道) 駐車場 徒歩 特記
R235→r209→r71
→町道岩清水ダム線
なし 15分

滝の看板のある展開スペースに数台なら駐車可能

国道235号線を苫小牧方面から浦河方面へ進みます。

新冠市街中心の少し手前で道道209号滑若新冠停車場線へ左折。国道から15km弱走ると「滑若橋(なめわっかばし)」という新冠川にかかる橋があるのでこれを渡ります。(橋の手前に細い林道がありここに道道209号線の標識がたっているのがまぎらわしかったです)

滑若橋を渡る

滑若橋を渡る

滑若橋から2,5kmほどで道道71号平取静内線に入ります。これを1kmほど進むと道道分岐。道道71号は左折になりますが左折せずまっすぐ進む形になります。ここから町道岩清水線になります。

道道分岐から2kmほどで二股。岩清水、新冠ダムへは右へ進みます。最初は舗装されていますが400mほどでダートになります。道幅はそこそこあり走りにくいことはありません。

道道分岐から2kmほどの二股

道道分岐から2kmほどの二股

二股にある看板

二股にある看板、フタップの滝へは右に進む

ダートをおよそ7km走ると右手に「フタップの滝」看板があります。ちょうど車の転回スペース(?)なのか幅が広くなっています。数台なら駐められそうです。

フタップの滝を見るためにはここからやや急な坂道を下りていきます。

町道岩清水線から見た新冠川

町道岩清水線から見た新冠川

フタップの滝看板

フタップの滝看板、車はここに駐める


2006年に書いたフタップの滝の記録から抜粋

あっけなく着いてしまった

え、看板・・・ 😮 。何のことはない、簡単に来られるじゃないか。あまりにあっけない展開に、気が抜けてしまった。

滝の名前は「フタップ」だ。沢は「スタップ」だし、この辺の関係がよくわからないが、とにかくずっと気になっていたこの滝の名前は「フタップの滝」が正解ということでモヤッとがスッキリに転じる。

駐車スペースと遊歩道入り口の様子

下りはじめには丸太で作られた階段があり、遊歩道といった感じもするが、すぐにただの踏分道に変わる。踏分は割とはっきりしているので迷うことはないと思われる。(夏場、草木の生い茂る時期については何ともいえないが・・・)

ここからスタップ沢に下りていく

ここからスタップ沢に下りていく

フタップの滝を俯瞰で見る

下り始めて、5分もしないうちに滝が見えてくる。見え始めは木の葉に遮られてよく見えないが、さらに進むとほぼ全貌が見えてくる。

思っていたよりも高さがあり、立派な滝だ。水量もそこそこあるように見える。二筋に分かれてほぼまっすぐ落ちた後、角度を変えて渓流瀑となっているのが上からがよく見える。

踏分はさらに下に続いているので行ってみる。一部道が崩れている所があり、通過の際はかなり気を遣った。

木の葉越しにフタップの滝が見えた

歩き始めて5分ほどで木の葉越しにフタップの滝が見えた

踏み分け道をさらに下っていく

踏み分け道をさらに下っていく

俯瞰で見たフタップの滝全景

俯瞰で見たフタップの滝全景

フタップの滝の上部は二筋の流れ

二筋の流れになっています

二段になった滝壺

二段になった滝壺

滝壺の下の流れ

滝壺の下の流れ

フタップの滝を見るためタラップを下りる

上の写真で見るとおり、ここからでも十分堪能できるのだが、踏分は、さらに下へ伸びているので進んでみる。が、すぐに急斜面の壁となり、踏分道はここまで。

この急斜面を下りるために、鉄製のはしごがつけられている。はしごというよりは、タラップといった方がよいかもしれない。高さは5mもないくらいだが、タラップのすぐ下に、川の流れが見えるので、もっと高く感じる。片側しかない手すりにつかまり、一歩一歩ゆっくり下りていく。

タラップをおりてスタップ沢に近づく

タラップをおりてスタップ沢に近づく

タラップを下りて見上げた

タラップを下りて見上げた
どうやって固定されているのだろう?

フタップの滝を下から堪能

タラップを下りると、20mほど離れたところに、直瀑部分を見ることになる。斜め横からみるので、一筋の流れに見える。岩場を流れた後、足元の急流となって流れ落ち、さらに滝の流れとして落ちて、新冠川に注いでいるものと思われる。

下の滝見スペースはかなり狭く、閉塞感を感じてしまったのだが、雰囲気そのものはとても心地よかった。タラップにはまいってしまったが・・・ 🙂 。

下から見るフタップの滝全景

下から見るフタップの滝全景

直瀑部分は一筋に見える

直瀑部分は一筋に見える

渓流部分の流れ

渓流部分の流れ

撮影地点の流れも滝状になっている

撮影地点の流れも滝状になっている

さらに滝となって新冠川へ落ちるのだろうか?

さらに滝となって新冠川へ落ちるのだろうか?

過去記事はすべて2006年5月21日(日)の記録

フタップの滝 動画

coming soon


最後に

「スタップの滝」と「岩清水渓谷」二つのキーワードだけがよりどころ。行く前は不安でしたが目にすることができて大満足の滝見となりました。こんなに立派な滝なのに地形図に滝マークがないのが不思議なくらいです。

ちなみに2006年の記録では下のように締めくくっていました。

最初に高さを25mと記したが、足元に流れる滝状の流れ(5mくらい?)、そして新冠川へ注ぐ部分(高さを知るすべはない)を含めると、相当な高さになる。下からも上からも楽しめる見応えのある滝である。

直瀑部分は下まで二筋

直瀑部分は下まで二筋になっているのがわかる

落口付近のアップ

落口付近のアップ

訪問日
2006年05月21日(日)

最後の最後にちょっとした余談

滝見とは直接関係ないのですが・・・。

もう一つ意外というか、予想もしていなかったものが・・・。下流の方を撮影して、ふと見上げると、なにやら鉄製と思われる大きな固まりが目に入った。最初、逆光でわかりづらかったのだが、よく見ると自動車のようだった。

どこからどうやって落ちてきたのかはわからないが、回収するのは不可能と思える場所なので、ずっとこのまま崖の途中で引っかかったままになるのであろう。

乗っていた人はどうなったんだろう、など、考えているうちに、気が滅入ってきたので、見なかったことにしよう・・・ [worried] 。

自動車?が木に引っかかっている

自動車?が木に引っかかっている

今もあるんだろうか・・・??



さいごまでご覧いただきありがとうございました・・・m(__)m

     - 胆振日高の滝 , , , ,