北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

北海道の滝を紹介するサイトです。管理人seabirdが自らの足で赴き自らの目で確認した北海道の滝見の記録を中心に滝めぐりに役立つ情報を発信します

*

雨霧の滝と紅葉のコントラストに感動

   

滝見を始めた2004年の10月に来て以来ちょうど13年ぶりの訪問です。この時の写真がほとんどないので写真撮影のため立ち寄りました。

2004年10月の訪問記録

ここから「女神の滝」と共通

雨霧の滝までのアプローチ

今回は雄武町のイナシベツの滝を見た後なので、道道49号美深雄武線を美深方面に走ります。

美深峠から3.5㎞ほどで林道松山線に左折。雄武から美深に向かう場合は「仁宇布の冷水」が目印になります。下の写真は林道探索blog版さんのサイトから借用・・・m(_ _)m

仁宇布の冷水看板

松山線入り口(手前は雄武側)

下の写真は美深から雄武へ向かう場合の写真。どちらから来ても見落とすことはないでしょう。

松山線入り口

松山線入り口(手前は美深側)

林道入り口の右手にはこんなモニュメントもありました。

松山線入り口のモニュメント

松山線入り口のモニュメント

松山線

しばらく舗装道路。国道239号線や道道49号線もそうでしたが、それにもまして松山線の紅葉がめっちゃきれい。思わず車を降りて撮影しました。日が陰っていたのが残念。

松山線の紅葉

松山線の紅葉

林道入り口から1.5㎞ほどで林道分岐。雨霧の滝、女神の滝へは右折して113林班林道を進みます。ここにも目印があるので見落とすことはないでしょう。ちなみにここからダートですが走行に問題となる箇所は(この日は)ありませんでした。

林道分岐

林道分岐は右へ

113林班林道と仁宇布の冷水

分岐から1.3㎞ほど走ると「仁宇布の冷水」。広い駐車スペースがあります。この日はなぜかこんな駐め方をしてしまいました。もっと左側に寄せるべきでした。申し訳ありません。

仁宇布の冷水駐車スペース

仁宇布の冷水駐車スペース

せっかくなので立ち寄ってみました。

仁宇布の冷水に向かう木道

仁宇布の冷水に向かう木道

冷たい水でした。真夏でも6°くらいだそうです。

仁宇布の冷水

仁宇布の冷水

仁宇布の冷水駐車スペースから雨霧の滝駐車場まではちょうど1㎞。

滝まで1km看板

滝まで1km看板

あっという間に雨霧の滝駐車スペースに到着。

雨霧の滝駐車場

雨霧の滝駐車場

車を下りたら女神の滝の案内看板、その向こうに雨霧の滝が見えます。

女神の滝遊歩道看板と雨霧の滝

女神の滝遊歩道看板の向こうに雨霧の滝

ここまで女神の滝と共通

雨霧の滝画像

駐車スペースから雨霧の滝までは7〜80mくらいでしょうか?

雨霧の滝 遠目

遠目に見る雨霧の滝

今日はほどよい水量だったように思います。

雨霧の滝 正面

雨霧の滝

雨霧の滝 上部

雨霧の滝の落口

紅葉とのコントラストが素晴らしかった。

紅葉と雨霧の滝

紅葉と雨霧の滝

最後に

前回の写真もないし記憶もあいまいなのですが、13年前は二十五線川がここまで整備されていなかったような気がします。昨今の大雨被害を考えるとこれくらい整備しないとだめなのかもしれませんが、少し興ざめしました。大きな黄色い看板にも。

林道探索blog版さんのこのページで重機での作業が紹介されていますが、この時の工事で今の姿になったのでしょうか?ま、滝の周りは自然な感じだし、安心して見学できるのが一番なので文句を言っては罰が当たります。

雨霧の滝

雨霧の滝

道道からも近く、松山線、113線林班林道もしっかり整備されているので手軽に見られる滝です。今回の滝見ツアーでの最初の訪問、行者の滝以来自分以外の見学者を見ました。(赤岩の滝、黒岩の滝、パンケの滝、イナシベツの滝では滝を独占していました)

二十五線川の右岸側に落ちる小さな流れにも癒されました。

別沢の小滝

別沢の小滝



訪問日
2017年10月8日(日)



さいごまでご覧いただきありがとうございました・・・m(__)m

 - 道北の滝